産経WEST

【西日本豪雨】倉敷副市長「電気通して」経産相と意見交換

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
倉敷副市長「電気通して」経産相と意見交換

 西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた岡山県倉敷市の生水哲男副市長は11日、同市を訪れた世耕弘成経済産業相との意見交換で「電気が通らないとテレビもつけられず市からの情報発信ができない」と訴え、国の支援を求めた。世耕氏は「中国電力にも働き掛けて、万全を期してやっていきたい」と応じた。

 倉敷市では真備町地区で川の堤防が決壊、地区の面積の約3割に当たる約1200ヘクタールが浸水した。世耕氏は被災した中小企業などに対して「経産省が前面に立って事業が継続できるように(資金繰りなどの面で)支援する」と話した。

https://www.youtube.com/watch?v=nVRoHWvYBNM

関連トピックス

「産経WEST」のランキング