産経WEST

【西日本豪雨】ボランティア長蛇の列 炎天下、給水にも人

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【西日本豪雨】
ボランティア長蛇の列 炎天下、給水にも人

被災地入りの準備をするボランティア=11日午前、岡山県倉敷市 被災地入りの準備をするボランティア=11日午前、岡山県倉敷市

 西日本豪雨の被災地では、11日も朝から強い日差しが照り付ける厳しい気候になった。一部地域ではボランティアの受け付けが順次始まり、家屋の片付けや土砂の撤去を手伝おうと、100人を超える人が長蛇の列を作った。一方、断水は多くの世帯で続き、水を求める被災者が給水所に集まった。

 岡山県倉敷市の受付には朝から、帽子や長靴、マスクを身に着けたTシャツ姿のボランティアが次々と詰め掛けた。炎天下、一帯では汚泥が乾き、粉じんも舞い始めた。災害ボランティアセンターを運営する倉敷市社会福祉協議会によると、事故防止のため作業は2時間に制限。道路状況が悪いことから、13日までは市内在住の人のみ受け入れる。高齢者が多い地域を中心に、家具や畳などの運び出しの依頼が寄せられているという。

https://www.youtube.com/watch?v=nVRoHWvYBNM

 おかやま山陽高1年の内田涼太郎さん(15)は「若い僕らに何かできることがあれば」と話し、友人と登録の列に加わった。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング