PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨】ダムから放流された濁流、町をのみ込む…母失い「むなしい」 愛媛・西予市

Messenger
冠水した愛媛県大洲市内=7日
冠水した愛媛県大洲市内=7日

 野村ダムでは、前日の6日から7日午前6時までに毎秒60~200トンを放流していた。ダムへの流入量が増えたため、同6時20分に最大1797トンを放流する操作を開始。同7時から8時には1452~1527トンの水が町を襲った。

 由紀さんはダムの放流について「水量調節を検証すべき。放流量を一気に増やすのなら、せめて2時間前に連絡してほしい。命からがら逃げなくても良いように」と話した。

▼【西日本豪雨】

ダム放流、情報周知に課題 専門家「訓練繰り返すこと重要」

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ