産経WEST

平城京の竹加工に南九州「隼人」関係か 奈文研、出土遺物を調査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


平城京の竹加工に南九州「隼人」関係か 奈文研、出土遺物を調査

 平城宮・京跡(奈良市)で出土した奈良時代の竹の遺物を対象に、種を調べる同定作業を初めて実施した結果、マダケかハチクが京内で製品加工されていたことが分かり、奈良文化財研究所(同市)が最新の研究紀要で報告した。観察した1点については、南九州出身の集団「隼人(はやと)」にまつわる木簡が同じ遺構から出土しており、隼人が加工していた可能性もあるという。

平城京内で加工されたことが分かった竹の遺物(奈良文化財研究所提供) 平城京内で加工されたことが分かった竹の遺物(奈良文化財研究所提供)

 今回の調査では、平城宮・京跡で見つかった竹の遺物9点について報告。最大のものは長さ20・5センチ、復元径約2・7センチで、刃物を使ったような加工痕が残っていた。

 二条大路跡から出土した遺物は上下が切断され、長さ8・7センチ、残存幅2・5センチだった。同じ遺構からは「大竹九十株」と記された付札や「大住麻多布造籠」と書かれた札が出土。「大住」は隼人の一族を指すと考えられている。木簡との一致からは、付近で籠や筆などを作るために竹を加工していた可能性があることが推測される。

 隼人は南九州から移住して宮の警護などに当たったとされ、平安時代の「延喜式」には竹器製作に関する記述もある。奈良文化財研究所の浦蓉子特別研究員は「竹は初めて同定でき、木簡の記述と合致した。隼人がいて、竹を加工していたのかもしれない」と話している。

このニュースの写真

  • 平城京の竹加工に南九州「隼人」関係か 奈文研、出土遺物を調査

「産経WEST」のランキング