産経WEST

【衝撃事件の核心】絶対取れないクレーン型ゲーム機 裁判で浮かんだ手口とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
絶対取れないクレーン型ゲーム機 裁判で浮かんだ手口とは

店舗ぐるみの常習的犯行

 今年6月の判決公判。大阪地裁は「犯行は店舗ぐるみで常習的」として社長に懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年6月)を言い渡し、元従業員3人はいずれも懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)とした。

 検察側は冒頭陳述で、社長について、28年ごろからゲーム機の卸会社に依頼し、景品を取れたり取れなかったりする機能のスイッチを機械の手前に取り付ける改造を施してもらい、経営する店舗で使っていた、と主張。「1日の売り上げを100万円以上に設定し、従業員らに指示して犯行を重ねていた」と主導的役割を担っていたと非難していた。

 この点、判決も「卸元に注文して設定を変更するスイッチを押しやすいところに付け(た)」「客をゲーム機に誘導するタイミングを従業員に指導するなどした」などと認定。社長の刑事責任は従業員に比べて重いとした。

 「高額の商品を次々と上乗せして射幸心をあおり、後には引けない客の心理を巧みにつき、何度もゲームをさせた」

 判決は事件をこう総括した。

このニュースの写真

  • 絶対取れないクレーン型ゲーム機 裁判で浮かんだ手口とは

関連トピックス

「産経WEST」のランキング