産経WEST

【スポーツ界も転職(5)】Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【スポーツ界も転職(5)】
Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦

 京都大アメリカンフットボール部に変革をもたらした元監督の西村大介さん(41)の次の挑戦はプロバスケ界。今春からBリーグの滋賀レイクスターズに入団し、球団経営に携わるようになった。「滋賀から日本を元気にする」をスローガンにまずはリーグ日本一を目指す。「成功は自信になり、自信がある人は挑戦をするようになる」。インタビューの最終回は異色の転身の先にある大いなる目標を語ってもらった。(聞き手 大宮健司)

バスケットボールを手に意気込みを語る元京大アメフト部監督(現Bリーグ滋賀レイクスターズ取締役)・西村大介氏=滋賀県大津市(須谷友郁撮影) バスケットボールを手に意気込みを語る元京大アメフト部監督(現Bリーグ滋賀レイクスターズ取締役)・西村大介氏=滋賀県大津市(須谷友郁撮影)

滋賀レイクスターズから世界へ

 --プロバスケットボールの球団経営に加わることになりました。どんなことに挑戦したいですか

西村 滋賀レイクスターズをプロ野球の広島カープのように、地域から愛される“超市民球団”にしていきたいです。若くて生きの良い選手が次々に育ち、いずれ日本一を狙えるチームにする。「滋賀から日本を元気にする。滋賀から世界へ」をキャッチフレーズにして、米プロバスケットNBAに入るような選手を輩出したいですね。

 --夢は広がりますね

西村 私自身は教育に関心があるので、地域の魅力向上に貢献していくために教育関係の事業にはどんどん絡んでいきたいですね。滋賀は文部科学省の全国学力テストで小・中学生ともに都道府県順位が低迷しています。高校野球で膳所(ぜぜ)高や彦根東高といった進学校が甲子園に出場しているので意外な感じもしますが、滋賀を文武両道の県にするところにも関わっていきたいです。

 勉強のいいところは、努力が確実に小さな成功体験に結びつくところです。スポーツや恋愛に比べたらよっぽど直結します。成功は自信になり、自信がある人は挑戦をするようになります。バスケットをがんばるにしても、勉強も並行してやっていくことは必ずプラスになるはずです。

続きを読む

このニュースの写真

  • Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦
  • Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦
  • Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦
  • Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦
  • Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦
  • Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦
  • Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦
  • Bリーグ球団経営で志す大きな目標 異色の転身 西村大介さんの挑戦

関連ニュース

「産経WEST」のランキング