産経WEST

【関西の議論】極小「但馬空港」が仕掛ける仰天プラン 滑走路開放に航空ファン歓喜

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
極小「但馬空港」が仕掛ける仰天プラン 滑走路開放に航空ファン歓喜

まっすぐ延びる滑走路。こんな経験はまず出来ない まっすぐ延びる滑走路。こんな経験はまず出来ない

 大阪への1路線しかない近畿最北の小さな空港が、ユニークな取り組みで航空ファンのハートをつかんでいる。兵庫県豊岡市にあるコウノトリ但馬空港。発着便数が少ないのを逆手に、普段は立ち入れないエリアをめぐる「裏側見学ツアー」や滑走路を利用したマラソンを行うなど、都市部の主要空港では絶対できない企画を次々と実現している。そこには知名度を上げて達成したい“陸の孤島”の悲願があった。

滑走路に立てる

 「これから滑走路に入ります。許可願います」

 「許可します」

 黄色いパトロールカーに乗車し、滑走路に向かった。車内で交される無線通信のやりとりがちょっとした緊迫感を生む。まっすぐに伸びる滑走路はプロペラ機しか発着しないため延長1200メートルと短いが、立ってみると意外に大きく感じる。そこをパトロールカーで疾走すると、気分は離陸する操縦士だ。

 但馬空港で1日から始まった「まるごと見せちゃいます」ツアー。格納庫や管制塔に似た空港心臓部の対空通信室にも立ち寄り、屋外展示されたYS-11機の内部もくまなく見せてくれるとあって、航空ファンにはたまらない企画だ。

 平成28年11月~29年3月に初めて行われ、轟音をあげて離陸する機体を滑走路横の周回路から見られるなど、他ではできない体験が可能とあって人気となり、同7~9月、同11~今年3月にも実施された。1日1組限定ながら、過去3回で県内外から計144組353人がツアー目あてに小さな地方空港を訪れたほど。滑走路上でポーズをつけた写真はインスタ映えになること間違いない。

1日たった2便…逆手に「滑走路マラソン」そして「聖地」に

このニュースの写真

  • 極小「但馬空港」が仕掛ける仰天プラン 滑走路開放に航空ファン歓喜
  • 極小「但馬空港」が仕掛ける仰天プラン 滑走路開放に航空ファン歓喜
  • 極小「但馬空港」が仕掛ける仰天プラン 滑走路開放に航空ファン歓喜
  • 極小「但馬空港」が仕掛ける仰天プラン 滑走路開放に航空ファン歓喜
  • 極小「但馬空港」が仕掛ける仰天プラン 滑走路開放に航空ファン歓喜

「産経WEST」のランキング