産経WEST

「血を見るぞ」住民税督促に立腹、市職員脅す 50歳アルバイト男逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「血を見るぞ」住民税督促に立腹、市職員脅す 50歳アルバイト男逮捕

 住民税の支払い督促に腹を立て、ハンマーを床にたたきつけて市役所職員を脅したとして、兵庫県警尼崎南署は10日、暴力行為法違反の疑いで、兵庫県尼崎市のアルバイトの男(50)を現行犯逮捕した。「実力行使しかないと思った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午後、同市東七松町の尼崎市役所納税課窓口で、金属製ハンマー(長さ約1メートル)を床にたたきつけながら、「血を見ることになるぞ」「ガソリンで火の海にするぞ」などと叫び、対応した女性職員(50)を脅したとしている。職員にけがはなかった。

 同署によると、男は住民税の昨年度分を滞納しており、支払いをめぐり以前から市役所側とトラブルになっていた。男は当時、ハンマーのほかに灯油入りとみられるポリタンクやライターなども所持しており、同署が経緯を調べている。

「産経WEST」のランキング