PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】女性研究者が女王アリの秘密に迫る

Messenger

 地球上で最も繁栄している生物の一つとされるのがアリ。身のまわりにもたくさんいるが、その生態は意外と知られていない。なかでも興味深いのは女王アリで、他の生物にはない驚く能力が備わっている。交尾するのは巣を飛び立つ1回だけ。その際にオスからもらった一生分の精子を、体内の袋にためて10年以上に渡って大事に使用するのだ。女王アリはなぜそれほど長い間、精子を体内に貯蔵できるのか。仕組みを解明できれば、ヒトや家畜の精子の保存への応用が期待できるという。この分野で世界の研究をリードする、甲南大理工学部講師の後藤彩子さん(38)の研究室を訪ねた。(坂田弘幸)

世界最多の数万匹飼育

 六甲山(神戸市)の南麓に後藤さんの研究室はある。奥に6畳ほどの広さの飼育室があり、そこで約20種類のアリを育てている。

 「趣味で飼っているアリも多い。女王アリだけで数万匹おり、数は世界一」。後藤さんは胸を張る。女王アリの寿命は長く、多くの種で10年以上生きる。研究室で現在最も長く生きているのは、平成23年に野外で捕まえた在来種の「キイロシリアゲアリ」の女王だ。

キイロシリアゲアリの女王(後藤彩子さん提供)
キイロシリアゲアリの女王(後藤彩子さん提供)

 キイロシリアゲアリはその名の通り、黄色の尻がツンと上がっているのが特徴。昨年には強い毒を持つ外来種「ヒアリ」と間違われて大量に駆除される“悲劇”に見舞われた種類でもある。主に研究に使っている種でもある。

 アリの飼育といえば、土が入った縦置きのケースをイメージするが、後藤さんの研究室では小さなプラスチックケースを使用。中は土ではなく石膏(せっこう)が敷き詰められている。石膏は水を吸収して湿度を保てるため、土よりもアリを育てやすいという。

「一夜限りの恋」その後10年間も赤ちゃん続々と…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ