産経WEST

【鬼筆のスポ魂】選手への信頼感測るモノサシは「規定打席」 阪神は若手使い続ける我慢の育成を

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鬼筆のスポ魂】
選手への信頼感測るモノサシは「規定打席」 阪神は若手使い続ける我慢の育成を

今季は三塁に2年目の大山(手前)を固定しようとした金本監督だったが… 今季は三塁に2年目の大山(手前)を固定しようとした金本監督だったが…

 選手に対する信頼度をベンチは何を基準に測るのか。明確なラインを示したのは中日・土井正博打撃コーチ(74)だ。かつて西武で清原、松井稼、中村剛らを育て上げた名伯楽はキッパリとこう言い切った。

 「もっとも注目するのは規定打席だね。例えば今季の開幕スタメンを決めるとき、前年の規定打席到達者をまず重要視する。規定打席に到達しているということは、その打者が体力的、技術的にさまざまな試練を乗り越えてそれだけの打席に立ったということ。力がある証拠になる」

 前半戦終了まであと1カード(広島-阪神は3連戦中止)となった9日時点でセ・リーグの規定打席到達者(32人)を見てみよう。規定打席とはチームの試合数の3・1倍の数なのだが、リーグトップは巨人と中日の7人。ヤクルトが6人で広島は5人、DeNAは4人。阪神は3人(糸井、糸原、福留)だけだ。

 土井打撃コーチの言葉からすると、阪神はベンチが信頼できる選手がリーグで一番少ないことになる。だが、阪神の規定打席到達者が少ない理由は「ベンチの信頼感」の有無だけの問題なのだろうか…。

 土井打撃コーチは選手育成の観点からも「規定打席」を大きな目標に掲げている。

 「いかに選手を使い続けて規定打席を打たせるか。特に若い子は結果が出なくても使い続けないといけない。コレと思った選手はベンチに置いていたらダメ。育たない。これは西武時代から根本(陸夫・当時管理部長)さんによくお願いしていた」

続きを読む

「産経WEST」のランキング