産経WEST

【石野伸子の読み直し浪花女】竹林の隠者・富士正晴(4)開高健と新妻・牧羊子なごやか同人誌 久坂葉子追悼・合併で紛糾

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【石野伸子の読み直し浪花女】
竹林の隠者・富士正晴(4)開高健と新妻・牧羊子なごやか同人誌 久坂葉子追悼・合併で紛糾

昭和28年1月1日。正月のあいさつに来た開高健(前列中央)とともに写る富士正晴(同右) 昭和28年1月1日。正月のあいさつに来た開高健(前列中央)とともに写る富士正晴(同右)

 昭和28(1953)年元日。富士正晴は満39歳の正月を、大阪・茨木市安威の自宅で両親や妻子とともに迎えた。

 家には、前の年の11月に新しく立ち上げたばかりの同人誌「VILLON」の同人、開高健が新婚の妻・牧羊子をともなって訪ねており、そのとき縁側で撮った写真が残っている。正月らしいなごやかな空気が流れている。

 富士は戦後、出版社勤務や中学校講師などを務めたが長続きせず、そのころは毎日新聞大阪本社の資料図書室の臨時雇いとなっていた(これも実際は2年ほどでやめている)。

 新聞社勤務のかたわら、開局したばかりの民放放送の教育番組や放送劇用の台本を書くようになり、周囲には新聞記者らが集まってきた。そこで「VIKING」( http://viking1947.com/ )の姉妹誌として立ち上げたのが「VILLON」で、まだ大学生だった開高健も参加していたのだ。開高は作品発表することはなかったが、例会にはよく参加した。新妻を伴って正月に自宅を訪ねるくらいだから、富士を慕っていたのだろう。

 のちに書いた自伝的小説「青い月曜日」の中に、ときおり富士らしき人物が顔を出す。

 まだ結婚前、年上の女・牧羊子が妊娠して学生だった開高は困惑しきりだった。その開高に向かって先輩作家がこう話す。

 「女はお化けやろ」

 「…ええ」

 「ソウハしろというたか?」

 「いいました」

 「承知したか」

 「しません」

 「もう自殺するとはいえへんやろ」

 「ひとこともいいません」

 「やられたんやで、おまえさんもナ」

 「私は重おもしい果実やというんです」

 「うまいこといいよるデ」

 青春の混乱期、世間智にたけた年長者として富士は登場する。同じ作中で開高は富士についてこうつぶやいている。

 「彼だけが私を傷つけなかった。彼のまえにすわっていると私は何も口をきかなくてもよかった。そのような時間のすごしかたのできる場所はほかのどこにもなかった」(『青い月曜日』)

 この大阪の新聞記者グループ「VILLON」(同人25人)と、神戸の学者を中心とした「VIKING」(当時の同人28人)とを合体させて、関西の一大文学拠点を作ろうという夢が富士にあったようだ。しかし、「VILLON」は1年半ほどで消滅することになる。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング