PR

産経WEST 産経WEST

福岡・鞍手町長を逮捕 入札情報漏らした疑い

鞍手町長の徳島真次容疑者(福岡県鞍手町のホームページより)
Messenger

 福岡県警は9日、同県鞍手町発注の下水道事業に絡む入札で最低制限価格などを業者側に漏らしたとして、官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで町長の徳島真次容疑者(58)ら3人を逮捕した。

 他に逮捕したのは、元町議で設計会社社員の福本博文容疑者(59)と、建設コンサルタント会社役員の池田啓幸容疑者(57)。

 徳島容疑者の逮捕容疑は、平成27年7月、下水道事業の設計業務を巡る二つの指名競争入札で、最低制限価格などを福本容疑者や池田容疑者に漏らし、2人の会社に同価格に近い金額で落札させたとしている。

 福本容疑者の会社は約1402万円、池田容疑者の会社は1945万円で落札した。

 県警は9日、町役場の町長室など関係先を家宅捜索した。同町の三戸公則総務課長は逮捕を受けた記者会見で「町民に対し申し訳なく思う。今後は県警の捜査に全面的に協力する」と頭を下げ謝罪した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ