PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨・動画】死者126人、拡大の恐れ 不明86人、救助捜索続くも全容見えず…昭和57年長崎水害以降、平成で最悪

土砂崩れが発生した広島県熊野町の現場では、行方が分からない人たちの捜索作業が続いた=9日午後(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)
Messenger

 活発な梅雨前線による西日本豪雨の死者は9日、12府県で126人に上った。警察や消防、自衛隊による懸命の救助活動が続けられたが、広島県の土砂災害現場や、広範囲に冠水した岡山県倉敷市真備町地区などで犠牲者が増え、死者・行方不明者299人を出した昭和57年の長崎大水害に次ぐ被害で、平成で最悪となった。なお6府県の86人が安否不明で全容は見えず、拡大する恐れもある。

 安否不明者の大半は広島県と岡山県に集中している。広島県では、大規模な土砂崩れが発生し、多くの住宅が流されるなどして多数の不明者が出ている熊野町や広島市安芸区の現場などの捜索が続いた。

 岡山県では倉敷市真備町地区で8日から本格化した排水作業が一定程度進み、要員を集中投入して建物内部の確認作業を急いだ。残る浸水地域についても調べている。

 愛媛県でも土砂災害現場での救助活動を展開。防災ヘリコプターなどで県内全域の被害状況を調べた。

 気象庁などによると、西日本に停滞していた前線の活動は弱まり、各地で天候が回復したが、これまでの記録的豪雨により引き続き土砂災害に警戒するよう呼び掛けている。また岡山市で32・0度、広島市で32・7度を記録するなど被災地は厳しい暑さに見舞われた。

 総務省消防庁によると、9日午後5時半時点で避難所に身を寄せている人は15府県の計約1万1千人。避難指示・勧告の対象はピーク時の約630万人から大幅に減ったものの、約99万人に上っている。

 9日午後も、広島県東広島市や倉敷市真備町地区などで複数の遺体が新たに見つかったほか、愛媛県宇和島市の土砂崩れ現場で女性(71)が見つかり、死亡が確認されるなどした。

 5日以降の各府県まとめでは、死者は広島47人、岡山36人、愛媛25人、京都4人、山口、福岡各3人、兵庫、鹿児島各2人、岐阜、滋賀、高知、佐賀各1人。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ