PR

産経WEST 産経WEST

【関西の議論】将来人口8割減・子供ゼロの予測の奈良の過疎村、活力獲得にあの手この手

村民の買い物の助けとなっている、かわかみらいふの移動スーパー=奈良県川上村
Messenger

 深刻な過疎化にあえぐ奈良県中南部の山間部。川上村は全国ワーストの人口減少率が見込まれ、上北山村は「2045年に14歳以下の人口がゼロになる」という予測を突きつけられている。若者の都市部への流出は避けられないにせよ、それを「緩やかな減少」に留め、地域の活力を維持するにはどんな知恵が必要なのか。両村の取り組みから、人口減少時代を生きるヒントを探る。(田中佐和、藤木祥平)

 川上村ではおなじみの民謡「川上小唄」をスピーカーで流しながら山道を上る1台の小さなトラック。開けた場所に停車すると、財布を手にした村民が次々に集まってきた。一般社団法人「かわかみらいふ」の移動スーパーの到着だ。

 野菜や魚、総菜に菓子。車にぎっしり積まれた約500品目の商品は、毎朝6時に運転手の嶋谷元(はじめ)さん(43)らが同県大淀町のスーパーで選び、積み込んだものだ。村にはスーパーやコンビニがなく、週に1回、家の近くに止まる移動スーパーが“買い物難民”の高齢者を支えている。

 「これ重いよ。玄関まで持って行っとくわ」。会計を終えた岩本利子さん(81)の買い物袋を嶋谷さんがひょいと持ち上げ、階段を駆け上がっていった。嶋谷さんは2年前に愛媛県から家族で移住し、この販売車で毎日村内を回っている。「あの子、ええ子やろ。いつも助かってるんよ」。岩本さんはそう言ってほほえむと、ゆっくりとした足取りで帰っていった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ