PR

産経WEST 産経WEST

【西日本豪雨】鹿児島で不明夫婦、心肺停止で発見 九州新幹線、運転見合わせ

Messenger

 大雨の影響で、鹿児島市古里町で発生した土砂崩れに巻き込まれた民家からは8日、住人の80代夫婦とみられる男女2人が心肺停止の状態で見つかった。JR九州は大雨のため、九州新幹線熊本-鹿児島中央間で運転を見合わせ、博多-熊本間でも遅れが出ている。

 鹿児島市災害対策本部によると、7日午後4時50分ごろ、近隣住民から土砂崩れが発生したと119番があり、消防が捜索していた。8日午前1時10分ごろ、土砂に押しつぶされた建物から女性が見つかり、約40分後に男性も発見された。

 鹿児島市では、降り続く雨のため、7日午前11時半に市内全域に避難準備情報を発令し、高齢者らに避難を呼び掛けていた。

 JR在来線では熊本-人吉間を結ぶ全ての特急も運休。JR筑肥線は、佐賀県唐津市で7日に線路内に土砂が流れ込み電車が脱線したことから8日も引き続き始発から運転を見合わせた。復旧を急ぐが、運転再開の見通しは立っていない。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ