PR

産経WEST 産経WEST

奈良県内でも大雨被害 1人行方不明、2市に避難指示

行方不明になった男性を捜索する警察官=奈良市
Messenger

前のニュース

 降り続く大雨の影響で、奈良県内では6日、奈良市内で男性1人が行方不明となり、各地で住宅浸水や土砂崩落の被害が発生。午後6時時点で大和郡山市と生駒市の計31世帯64人に避難指示が出され、一時5市町18世帯の100人以上が避難した。

 奈良地方気象台によると、雨は5日午前0時から降り始め、6日午後5時までに奈良市東紀寺町で225・5ミリ、田原本で124・5ミリ、奈良市針で123・5ミリを観測。24時間雨量は奈良市で7月の観測史上最大となる195・5ミリを記録した。

 県警によると、この雨で、大和郡山市内の男性(66)が行方不明になっているという。6日午前5時ごろ、妻に「田んぼを見に行く」と伝えて出かけたが戻らず、自宅から約800メートル離れた奈良市大和田町の田んぼ付近で、男性のバイクが見つかった。県警は男性が用水路に落ちて流された可能性があるとみて捜索している。

 住宅の被害も相次いだ。県によると、午後6時現在、奈良市と平群町で床上、床下浸水が計5棟あったほか、生駒市高山町で民家裏手の斜面が崩れ、倉庫に土砂が流入したという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ