PR

産経WEST 産経WEST

【将棋】藤井聡太七段、王座戦本戦決勝進出ならず「負けたのは力不足」

第66期王座戦本戦トーナメントの準決勝で、初手を指す藤井聡太七段=大阪市の関西将棋会館
Messenger

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は6日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた王座戦挑戦者決定トーナメント(本戦)準決勝で、斎藤慎太郎七段(25)に103手で敗れ、決勝進出はならなかった。

 これで、藤井七段が年度内に挑戦する可能性があるタイトル戦は本戦に進出した棋王戦のみとなった。タイトル挑戦の最年少記録は屋敷伸之九段(46)が持つ17歳10カ月。

 藤井七段の今年度成績は10勝2敗、通算成績は81勝14敗(いずれも未放映のテレビ棋戦を除く)となった。

 藤井七段は終局後、「ここで負けたのは自分の力不足。収穫もあったので、それを力にして頑張りたい」と話した。

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ