産経WEST

鹿児島市舞台の「吉本新喜劇」市長も出演

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


鹿児島市舞台の「吉本新喜劇」市長も出演

記者会見に出席した吉本新喜劇の内場勝則座長(前列左から2人目)、森博幸鹿児島市長(同3人目)ら=大阪市中央区 記者会見に出席した吉本新喜劇の内場勝則座長(前列左から2人目)、森博幸鹿児島市長(同3人目)ら=大阪市中央区

 吉本興業は6日、大阪市内で記者会見を開き、鹿児島市を舞台にした吉本新喜劇を17日から23日まで、劇場「なんばグランド花月」(NGK、大阪市)で上演すると発表した。内場勝則座長らおなじみのメンバーだけでなく、森博幸鹿児島市長も出演する。

 内場座長によると、鹿児島市のホテルを舞台にした人情喜劇。ストーリーは現在制作中で、地元の名産品や観光名所を取り入れた内容を考えているという。

 「お笑いが大好き」という森市長は記者会見で「情報を分かりやすく伝える吉本の力を借りて、鹿児島市の魅力を大阪から全国、世界へ発信したい」と話した。

 鹿児島市は昨年12月、市の活性化に向けて吉本興業と包括連携協定を締結した。特産品のPRや観光客誘致などが目的で、20日から22日にかけてNGK前で物産展が開かれる。

「産経WEST」のランキング