PR

産経WEST 産経WEST

高知で牛乳配達の男性、車ごと流される 京都では女性行方不明 高知、京都が大雨で陸自派遣要請

Messenger

 京都府は6日午前1時すぎ、京都市内を流れる桂川で水位が上がり、水があふれ出す恐れが高まったとして、自衛隊に災害派遣要請を行った。陸上自衛隊福知山駐屯地の隊員約20人が午前5時ごろ、同市南区と伏見区にまたがる久我橋付近に到着し、土手に土嚢(のう)を積んだ。その後、上流の日吉ダム(同府南丹市)の水位が下がり、雨も小康状態になったことから、同7時すぎ、府からの撤収要請に基づき撤収した。

 同府警亀岡署によると、6日午前1時ごろ、京都府亀岡市で「50代女性が家を出たまま行方がわからない」と、知人から京都府警亀岡署に通報があった。約2時間後、地元消防団が市内の大路次川の中で女性の車を発見。横転した状態で車内に土砂が流れ込んでいた。女性は見つかっておらず、同署などが行方を捜している。同署や亀岡消防署によると、女性は5日に1人で車で外出したとみられる。当時、大路次川は大雨で水位が上がっており、周辺の道路は冠水していたという。

 近畿地方では5日以降、土砂災害の危険性が高まり、京都市と京都府長岡京市、大山崎町が計約6万世帯、約14万3千人に避難指示が出た。6月に地震があった大阪府北部の箕面、枚方、高槻の3市で計約9700人、神戸市では約460人に避難指示が出された。

 JR西は6日未明、新神戸、姫路、岡山の3駅で、乗客に新幹線車両を「列車ホテル」として開放、計約420人が利用した。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ