PR

産経WEST 産経WEST

濁流の鴨川、渡月橋は通行止め…近畿の大雨、観光地も打撃

大雨の影響で増水し、激しく流れる鴨川。上は四条大橋=5日午後7時32分、京都市
Messenger

 近畿地方で降り続いた大雨は、観光地にも大きな影響をもたらした。京都市中心部を流れる鴨川は茶色く濁った水であふれ、観光客らは流されるタイヤや丸太を驚いた表情で眺めていた。

 鴨川沿いにある京料理「いづもや」の船越洋店長(67)は、浸水した遊歩道を見ながら「近年は一度に降る雨の量が増えている。まだ水位が上がるかもしれない」と心配そうな様子。5日は納涼床の営業を取りやめた。

 嵐山の渡月橋は、桂川の水位上昇で通行止めとなった。千葉県野田市から修学旅行で訪れた中学3年の女子生徒(14)は「のどかな光景を想像していたけど、びっくりした。(平成27年に堤防が決壊した)鬼怒川を思い出した」とぼうぜんとしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ