PR

産経WEST 産経WEST

長崎ルート整備で与党委、秋田新幹線を現地視察 

Messenger

 九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の整備方式などを協議中の与党検討委員会の委員らが4日、秋田市を訪れ、在来線区間を走るミニ新幹線方式の秋田新幹線を視察した。委員長の山本幸三・前地方創生担当相は視察後、記者団に「ミニ方式は低コストの利点がある一方、雪害に弱いといった課題もある」と指摘した。

 与党は、長崎ルートのうち佐賀県内の新鳥栖-武雄温泉について、ミニ方式かフル規格での整備を検討中。ただ同県は、在来線をそのまま使うフリーゲージトレイン(軌間可変電車)を導入する当初計画に比べて、費用負担が増えることに難色を示している。

 佐賀県の費用負担軽減に向けた調整について、山本氏は「まだ条件整理をしているところで、詳細を申し上げる段階にない」と述べた。

 委員らは、ミニ新幹線車両の点検や修理を行うJR東日本の車両センターも見学した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ