PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】民泊施設が犯罪者のアジトになる理由 迫るG20、対策は

Messenger

 青森中央学院大大学院の大泉光一教授(危機管理論)は「多数の従業員が宿泊客と接触するホテルなどに比べ、民泊は監視の目が届きにくい。家主不在型であれば、誰が出入りしてもトラブルが起きない限り表面化しない。東京五輪も控える中、危機管理の観点から民泊のデメリットを真剣に分析するべきだ」と話している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ