PR

産経WEST 産経WEST

【軍事ワールド】米朝首脳会談 本当に“不発”なのか… トランプ外交はミサイルよりマネー中心のディール

米朝首脳会談を終えて握手をする、北朝鮮の金正恩委員長(左)とトランプ米大統領=シンガポール(ロイター)
Messenger

 歴史上初の米朝首脳会談は、北朝鮮に「半島の非核化核」を約束させただけに終わった。北はこれまでに同様の約束を何度も反故にしてきた。日本にとっては拉致被害者の解放に関して目立った進展もなく、逆に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に体制保障を約束するなど、その過剰な譲歩を批判する声が多い。だが、トランプ氏の本質がビジネスマンであったことを思い返せば、その冷徹な狙いが見えてくる。(岡田敏彦)

 良いことがあったか

 拉致、核、ミサイル-。多くの問題を一挙に解決へ導くのではないかと期待した人々にとって、6月12日に行われた初の米朝首脳会談は看板倒れに終わった。さらに世界を怪しく思わせる事態が続く。トランプ政権は会談の後、記者会見までの時間を使って報道陣に「PRビデオ」を公開した。

 時間は約4分。米国と「和解」した場合、北朝鮮はこのように経済発展するだろう、との未来図を映像化したもので、近代化された工場で働く労働者や笑顔の民衆の映像がちりばめられた。この映像から、米朝会談でトランプ氏が金委員長にどんな提案をしたかが伺える。平たく言えば「アメリカと敵対せず仲良くすれば、経済が発展するぞ、良いことがあるぞ」だ。

 裏返せば「ロシアや中国と仲良くして、いままで何か良いことがあったか?」という問いかけとも推定できる。

 確かに朝鮮戦争では中国が義勇軍を送り、旧ソ連は兵器を供与して米軍含む国連軍と対抗した。北朝鮮という国家が滅亡しなかったのは中ソ両国の働きによるものだ。だが、それから約70年間はどうだったか。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ