PR

産経WEST 産経WEST

【富山交番襲撃】「戦闘ゲームのつもりか」 容疑者、拳銃強奪後の異様な行動

Messenger

 4本の刃物を用意し、警察官を執拗(しつよう)に刺してまで拳銃をほしがった島津容疑者の動機は何なのか。捜査関係者によると、殺害された稲泉警部補は奥田交番で昨年3月から勤務していたが、島津容疑者に応対した記録はなかった。容疑者の地元を管轄する上市署の在籍歴などもなく、2人の接点は確認されていない。

 現場近くで勤務する男性(48)は「戦闘ゲームのような感覚で面白がっていたのだろうか。拳銃を持っているところに遭遇していたら撃たれていたかもしれない」と青ざめた表情で話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ