PR

産経WEST 産経WEST

【大阪北部地震】エレベーター閉じ込め339件、停止5万基超…都市部の弱点露呈

エレベーターが使用できなくなった府済生会茨木病院では、入院患者の昼食を職員がバケツリレーで運んだ=18日(府済生会茨木病院提供)
Messenger

 最大震度6弱を観測した大阪北部地震では、発生後に大阪などの被災地でエレベーターに人が閉じ込められたケースが相次ぎ、高層ビルやマンションが多い都市部の課題が改めて浮き彫りになった。閉じ込め件数は339件と、東日本大震災や熊本地震を大きく上回る異例の規模に。運転停止は少なくとも5万基以上で、将来起こりうる南海トラフ巨大地震に備えた安全対策が急務となっている。

 「東日本」「熊本」を大幅に上回る

 国土交通省や日本エレベーター協会(東京)によると、エレベーターは全国に約73万5千基、大阪府は約7万4千基ある。平成21年以降、揺れを感知すると最寄り階で自動停止する「地震時管制運転装置」の導入が義務化されたが、依然として未整備の旧型も多く残っており、閉じ込めの一因となっている。

 今回の地震によるエレベーターの閉じ込めは、大阪267、兵庫41、京都25、奈良5、滋賀1の計339件で東日本大震災の210件、熊本地震の54件を大きく上回った。大阪府交野市では小中学生4人が最大45分間閉じ込められるなどしたが、停止した多くが旧型だったという。

 震度4以上の揺れで一度停止すれば、技術者の点検で問題なしと判断されるまでエレベーターは動かせない。今回は点検箇所が広範囲にわたった上、交通渋滞で技術者の現地派遣が大幅に遅延したため、復旧に時間がかかった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ