PR

産経WEST 産経WEST

【大阪北部地震】「2年前の恩返し」熊本市、高槻市に職員派遣

被災家屋を調査する熊本市職員の古嶋佑大さん(右)=大阪府高槻市
Messenger

 大阪北部地震で震度6弱を記録した大阪府高槻市に、平成28年の熊本地震で数多くの被災家屋を調査した熊本市の職員3人が駆けつけ、調査活動を支援している。熊本地震で高槻市職員が応援で現地に入ったことへの「恩返し」といい、熊本市の大西一史市長もツイッターで「2年前に全国から受けたご支援を胸に頑張ってほしい」と、被災地で奮闘する市職員たちにエールを送っている。

 熊本市東税務課職員の古嶋佑大(ゆうだい)さん(29)は毎朝、午前9時ごろから高槻市職員2人とともに自転車で高槻市役所を出発。罹災(りさい)証明書の発行を受けるために市民から被害調査の依頼があった家屋を、1軒1軒回っている。

 慣れた様子で住宅のひび割れなどを見て回る古嶋さんは、熊本地震で多くの被災家屋を調査した経験がある。調査に立ち会った住民の女性も「テキパキとして頼もしい」と微笑む。

 熊本市からは、古嶋さんのほか、中央税務課の式守(しきもり)政人さん(26)、課税管理課の上田将人(まさと)さん(26)の3人が27日から高槻市入りし、7月4日まで業務を応援。いずれも熊本地震で被災家屋を調査した経験があり、被災家屋の調査を担当している。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ