PR

産経WEST 産経WEST

【サッカーW杯】大阪北部地震の被災地に勇気を 高槻市出身のGK東口順昭

【サッカーW杯】練習する東口順昭(左)。中村航輔(右)とともに正GKの川島永嗣を支えている=26日、ロシア・カザン(甘利慈撮影) 
Messenger

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で決勝トーナメント進出を決めた日本代表のGKで大阪府高槻市出身の東口順昭(32)が、大阪北部地震の被災者に勇気を与えている。1次リーグが始まる直前にふるさとを襲った大きな揺れ。「代表の勝利が被災者の励みになる」。そんな思いで献身的にチームを支える姿を、両親は日本から見守っている。(小松大騎)

 「けがはない?家の中は大丈夫?」

 18日朝の地震では高槻市で震度6弱を観測。揺れから約1時間後、同市に住む東口の父、雅信さん(63)のもとに、ロシアで調整していた東口から国際電話がかかってきた。

 雅信さん方は食器が割れて本棚が倒れたほか、水道が断水。普段はJリーグ・ガンバ大阪でプレーしている東口が妻子と暮らす同府茨木市の自宅も、家具が倒れるなどしたが、幸いけが人は出なかった。

 「こっちは大丈夫。日の丸をつけている以上、サッカーで被災地を勇気づけることが大切だぞ」。雅信さんが伝えると、19日に1次リーグ初戦のコロンビア戦を控えていた東口は「がんばってくる」と応じた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ