PR

産経WEST 産経WEST

【ロシアW杯】決勝トーナメント展望 日本が入るは死のブロック

Messenger

1回戦は好カードの連続

 1回戦の初戦は、日本時間30日午後11時から行われるフランス-アルゼンチン。苦しみながら1次リーグを勝ち上がったアルゼンチンにとって、いきなり大きな関門となる。一方のフランスはグリーズマンやエムバペら強力攻撃陣を擁するが、1次リーグは3試合で3得点と物足りない結果だった。

 2戦目のウルグアイ-ポルトガルも屈指の好カード。南米の古豪ウルグアイは出場32チームで唯一、1次リーグで無失点だった。その堅守を、今大会4得点と好調のロナルドが牽引(けんいん)するポルトガルが打ち破れるか注目される。

モロッコ戦で得点を挙げて喜ぶロナルド(ロイター)
モロッコ戦で得点を挙げて喜ぶロナルド(ロイター)

 攻守に完成度が高く優勝候補筆頭のブラジルは、1次リーグ初戦でドイツを破ったメキシコと対戦。日本はベルギーに勝てば、この勝者と準々決勝で戦うことになる。

 もう一方のブロックでは、華麗なパスサッカーで前々回大会を制したスペインが開催国のロシアと対戦。アルゼンチンに完勝するなど1次リーグ3連勝で勢いに乗るクロアチアは、堅守のデンマークと20年ぶりの8強入りを争う。

 ドイツと同居したF組を1位通過したスウェーデンとスイスの対戦は実力が拮抗。得点王争いでトップに立つケーンが引っ張るイングランドは、コロンビアとぶつかる。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ