PR

産経WEST 産経WEST

【動画】G20開催前に、大阪海保や大阪府警などが合同警戒 駅やフェリーターミナルで

海保職員らが警戒する中、船からバスに乗り換える乗客=29日、大阪市住之江区(須谷友郁撮影)
Messenger

 来年6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を前に大阪海上保安監部や大阪府警などによる初の合同テロ警戒が29日、大阪市住之江区の大阪港国際フェリーターミナルで行われた。同海保など9機関から約30人が参加。海上警備やフェリーの立ち入り検査などにあたった。

 サミット会場となる「インテックス大阪」(同区)周辺の海域はフェリーや観光船などが往来しており、旅客に紛れてテロリストが侵入する恐れがある。ターミナルに入港したフェリーに巡視艇や警備艇などが伴走し警戒。立ち入り検査では、乗組員から航海状況などを聞き取り、乗客が不審物を持ち込んでいないかを確認した。

 一方、大阪市中央区の近鉄大阪難波駅でも同日、府警や鉄道事業社が合同でテロ対策訓練を実施した。

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ