PR

産経WEST 産経WEST

硬式部員、4年連続減少…日本高野連の加盟校調査

Messenger

 日本高野連は29日、全国の野球部員数と加盟校数(5月末現在)を発表し、硬式の部員数は昨年度より8389人少ない15万3184人で、4年連続の減少となった。16万人を割り込むのは平成15年度以来15年ぶりで、1年生部員は平成以降で最も少ない5万413人だった。加盟校数は18校減の3971校と、13年連続で減少した。

 部員が増えた都道府県はなく、全都道府県で減少した。最も減ったのは大阪の474人、次いで北海道で458人、神奈川の411人だった。部員数が最多だったのは東京の1万355人、最少は鳥取の898人。1年生が進級して3年生になった時の残留の割合を示した「継続率」は、過去最多の91・0%(昨年度90・9%)だった。

 軟式の部員数は昨年度から548人減の8755人で、5年連続の減少となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ