産経WEST

団地住人刺殺で懲役15年 同じ棟の53歳男、柳刃包丁で胸を複数回突き刺す 京都地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


団地住人刺殺で懲役15年 同じ棟の53歳男、柳刃包丁で胸を複数回突き刺す 京都地裁

 京都府宇治市の団地で平成29年4月、住人のパート従業員、山田武利さん=当時(75)=を刺殺したとして、当時同じ棟に住んでいて殺人罪に問われた無職、野村勝彦被告(53)の裁判員裁判で、京都地裁(斎藤正人裁判長)は29日、懲役15年(求刑懲役16年)の判決を言い渡した。

 検察側は論告で「強い殺意に基づく残忍な犯行」と指摘。弁護側は、被告の知的障害が犯行に影響したとして、懲役12年が相当としていた。

 判決によると、野村被告は29年4月2日午後、宇治市の市営住宅の階段2階踊り場で、山田さんの胸を柳刃包丁で複数回突き刺し、死亡させた。

「産経WEST」のランキング