PR

産経WEST 産経WEST

ペットの秋田犬死亡で59万円賠償命令 動物病院診断ミス 福岡地裁

Messenger

 動物病院での診断ミスが原因でペットの秋田犬が死んだとして、飼い主で福岡市の女性(63)が病院に180万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は29日、約59万円の支払いを命じた。

 判決で倉沢守春裁判官は、エックス線など十分な検査をしていれば、病気を発見でき、ペットは死ななかったとし、注意義務違反があったと認定。「ペットの死亡により、女性はショックで昼間、外出することもできないような状態になった」として、認容額のうち40万円は慰謝料とした。

 判決によると、秋田犬は8歳の雌。平成26年5~7月、出血があり、動物病院に通院させた。病院でエコー検査をしたが、異常の有無は不明とされた。秋田犬は腹痛が治まらず、7月29日に別の病院を受診したところ、子宮蓄膿症などと診断され、摘出手術を受けた。その後、死んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ