PR

産経WEST 産経WEST

福岡繁華街銃撃、工藤会系組幹部ら4人逮捕 暴力団排除に反発、ゼネコン標的か

Messenger

 福岡市博多区の繁華街で平成20(2008)年1月、大手ゼネコン「大林組」九州支店の車が銃撃された事件で、福岡県警は28日、殺人未遂などの疑いで特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)系組幹部、田中幸雄容疑者(51)ら計4人を逮捕した。工藤会トップの野村悟被告(71)=組織犯罪処罰法違反罪などで起訴=ら上層部の関与も調べる。

 この事件の約1カ月前には、大林組が北九州市小倉北区で進めていたホームセンター建設に関わる下請け会社社長が刺され、その後死亡。県警は大林組があいさつ料などの不当要求を拒否し暴力団排除の姿勢を示したことへの反発が背景にあるとみて、社長襲撃との関連も調べる。

 逮捕容疑は共謀して、20年1月17日午後3時40分ごろ、福岡市博多区の路上で、大林組があるオフィスビルの駐車場に入ろうとした車の前に立ちはだかり発砲、乗っていた同社社員ら3人を殺害しようとするなどしたとしている。県警は認否を明らかにしていない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ