PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】20年前の乳児コンクリート詰め事件、時効3年死体遺棄罪の判断は? 7月に判決

Messenger

 20年後の突然の自首が、公訴時効をめぐる論争を巻き起こしている。大阪府寝屋川市の集合住宅で昨年11月、バケツにコンクリート詰めにされた乳児4人の遺体が見つかった事件。死体遺棄罪に問われた母親(53)に対する刑事裁判で、弁護側は「時効が成立している」として裁判の打ち切りを求めた。死体遺棄罪の公訴時効は3年。被告は平成4~9年に遺体をコンクリート詰めにしており、一見すると時効が成立しているようにも思えるのだが、検察側は時効は成立していないと反論している。検察側はなぜ時効が不成立と主張しているのか? 法廷で激論が交わされた。

心境の変化、突然の自首の理由は

 起訴状によると、被告は4年10月~9年9月、当時の寝屋川市内の自宅で、出産後に死亡した乳児4人の遺体を葬祭せずにバケツの中にコンクリート詰めにして放置。27年6月に現在の自宅に引っ越してバケツを移動させた後も、引き続き放置して遺棄したとされる。

 最後にコンクリート詰めにした行為から約20年が経過した昨年11月、近くの交番に自首したことで事件は発覚。6月4日、大阪地裁で初公判が開かれた。

 被告人質問などによると、乳児4人の父親は当時の職場の同僚ら。被告は妊娠していたことをいずれの相手にも知らせていなかった。4人は生まれてすぐに死亡した。

 「金銭的な理由で葬祭できなかった」という被告。「そのままの形で残しておきたかった」との動機で遺体をコンクリート詰めにし、バケツの中には数珠も入れていた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ