産経WEST

【関西の議論】新「長寿県」に躍り出た滋賀 データ活用と草の根運動が結実 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
新「長寿県」に躍り出た滋賀 データ活用と草の根運動が結実 

滋賀県東近江市は、健康増進に効果的として研究者が復活させた「ラジオ体操第3」の普及に取り組む=平成26年、同市役所 滋賀県東近江市は、健康増進に効果的として研究者が復活させた「ラジオ体操第3」の普及に取り組む=平成26年、同市役所

 昨年末に厚生労働省が発表した平成27年の都道府県別の平均寿命で、滋賀県の男性が全国1位、女性も4位となり、新たな“ご長寿県”に躍り出た。トップの座を奪われたライバルの長野県が早速視察に訪れたのをはじめ、担当課には自治体やメディアの問い合わせが殺到。県も今年度予算のテーマを「健康」とするなど、滋賀県内はにわかに長寿ブームに沸く。ただ、その陰には30年以上にわたって地道に続けられてきた、県民の健康調査に基づく草の根の活動がある。(川瀬充久)

ふなずしで長生き?

 厚労省の「平成27年都道府県別生命表」で、滋賀県は男性の平均寿命が81・78歳で初のトップ。女性も87・57歳で4位となり、一躍注目を集めることに。

 長寿の秘訣(ひけつ)はどこにあるのか。さまざまな説が噴出しているが、その中で根強いのが、「発酵食品のふなずしを日常的に食べているから健康なのではないか」という「ふなずし長寿説」だ。

 琵琶湖で獲れたニゴロブナを塩とコメで漬け発酵させたなれずしの一種のふなずしは、滋賀県で古くから食べられ、その歴史は奈良時代にまでさかのぼるとされる。

 独特の味わいと匂いの一方、アミノ酸や各種ビタミンが豊富で、発酵によって乳酸菌も多量に含む栄養価の高い郷土料理で、琵琶湖岸の家庭では現在でも「かぜをひいたらふなずしを食べればよい」と伝わっている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 新「長寿県」に躍り出た滋賀 データ活用と草の根運動が結実 

「産経WEST」のランキング