PR

産経WEST 産経WEST

金塊密輸、7月に二審判決 主犯格の男、無罪主張

Messenger

 佐賀県唐津市の港に金塊約206キロ(約9億3千万円相当)を密輸したとして、関税法違反(無許可輸入)などの罪に問われた会社員の山崎竹助被告(67)=青森県むつ市=の控訴審初公判が27日、福岡高裁(山口雅高裁判長)であり、被告側は改めて無罪を主張した。検察側が控訴棄却を求めて結審。判決は7月20日。

 事件では計9人が起訴された。一審佐賀地裁は、被告が主犯格だったとし、懲役2年、罰金150万円の判決を言い渡した。被告側は「密輸の準備や役割分担などには関わっていない」として共謀を否定している。

 一審判決によると、山崎被告らは共謀し昨年5月、東シナ海の公海上で、国籍不明の船から金塊約206キロを汽船に積み替え、唐津市の港に陸揚げし、消費税など計約7440万円を脱税した。一審では9人全員が有罪とされた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ