PR

産経WEST 産経WEST

強く優しく平和を願い…「旧陸軍航空将校の精神、語り継ぎたい」松江護国神社禰宜が「留魂」執筆、発刊

Messenger

 そんな思いで執筆した「留魂」は、紫鵬会員たちから感謝されただけでなく、多くの陸上自衛隊幹部にも読んでもらったという。工藤さんは「神と人をつなぐ役割を担う神職として、死力を尽くした英霊の思いを現代の人たちに伝えられたのはうれしい」と喜ぶ。

 書名の「留魂」は、56期生が卒業に際し、決意を記した書籍「留魂録」から取って命名した。1巻は2千部、2巻は1700部を発行し、いずれも松江護国神社で、1冊千円で販売している。

▼【関連ニュース】「我敵艦に必中突入中」打電後、米駆逐艦が大破炎上 米の映像で特攻の最期特定 京都の慰霊祭で上映

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ