PR

産経WEST 産経WEST

【富山交番襲撃】警官から拳銃奪い発砲、過去にも相次ぐ

男が警備員に発砲した市立奥田小学校を調べる捜査員ら=26日午後4時53分、富山市(本社ヘリから)
Messenger

 26日午後、富山市の交番で発生した拳銃強奪事件。警察官が襲撃されるなどして拳銃を奪われ、発砲される事件は過去にも相次いでいる。制圧中の容疑者に奪われたり、警察署内でホルダーから引き抜かれるなど経緯はさまざまで、効果的な対策は確立されていないといえる。

 昨年10月、福岡県大野城(おおのじょう)市の商業施設の保安室で、万引の疑いで事情聴取されていた男が警察官ともみ合いになり、拳銃を奪って2発を発射。銃弾は人に直接当たらなかった。男はその後、強盗殺人未遂などの疑いで再逮捕された。 

 一方、奪われた拳銃で警察官が銃撃され、負傷したケースもある。

 神奈川県横須賀市の市営団地では平成28年1月、住人の男が県警浦賀署の男性巡査部長の拳銃を奪って4発発砲し、3発が巡査部長の右足と右腕に命中。重傷を負ったが命に別条はなかった。また愛知県知立(ちりゅう)市の団地敷地内では26年5月、県警安城署の男性巡査部長が、取り押さえていたブラジル国籍の男に右腰につけていた拳銃を奪われ、右腕を撃たれ、負傷している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ