産経WEST

【富山交番襲撃】容疑者は21歳元自衛官、警察官に撃たれ意識不明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【富山交番襲撃】
容疑者は21歳元自衛官、警察官に撃たれ意識不明

交番で警官が襲われ、拳銃を奪われた事件で記者会見する富山県警の山田知裕本部長=26日午後、富山中央署 交番で警官が襲われ、拳銃を奪われた事件で記者会見する富山県警の山田知裕本部長=26日午後、富山中央署

 富山市久方町の交番で26日午後、所長の稲泉健一警部補(46)が刺されて死亡、近くの小学校付近で警備員の中村信一さん(68)が撃たれて死亡した事件で、富山県警は中村さんに対する殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕した。男は同県立山町末三賀の元自衛官、島津慧大容疑者(21)で、県警は殺人容疑に切り替えて調べる。島津容疑者は駆け付けた警察官に拳銃で撃たれ、意識不明の重体。

 県警によると、稲泉警部補は交番裏口付近で刺された。中村さんは奥田小の正門付近で倒れ、頭と左肩に傷があった。奪われた拳銃は確保されたという。

 目撃者によると、島津容疑者は奥田小の敷地内で駆け付けた警察官に拳銃で撃たれ、確保されたという。当時、児童は下校前で校内にいた。県警によると、警察官2人に対し凶器を示して向かってきたため、発砲した。

 奥田小の校長によると、中村さんは同校の改修工事に伴って契約された建設業「日本海建興」の警備員。

 自衛隊関係者によると、島津容疑者は平成27年3月に陸上自衛隊に入隊。同年4月から金沢駐屯地で勤務し、29年3月に退職していた。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング