PR

産経WEST 産経WEST

【富山交番襲撃】拳銃奪われた46歳警察官と発砲された警備員、2人死亡 男も意識不明 富山市

警察官が刺され、拳銃を奪われた富山中央署奥田交番=26日午後4時56分、富山市
Messenger

 26日午後2時ごろ、富山市久方町、富山中央署奥田交番で、男が所長の稲泉健一警部補(46)を刺し、拳銃を奪って逃走した。男は近くの市立奥田小学校付近で警備員の中村信一さん(68)に発砲した。県警などによると、稲泉警部補と中村さんは間もなく死亡した。

 男は駆け付けた警察官に拳銃で撃たれ、意識不明の重体。県警は中村さんに対する殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕し、詳しい状況を調べている。

 県警によると、中村さんは頭と左肩に傷があった。奪われた拳銃は確保されたという。

 目撃者によると、男は交番近くの小学校の敷地内で駆け付けた警察官に拳銃で撃たれ、確保されたという。当時、児童は下校前で校内にいた。

 県警の山田知裕本部長は記者会見し「警察官が拳銃を奪取されたのは誠に遺憾だ。近隣住民に不安を与え、誠に申し訳ない。全容解明を進めるとともに、結果を踏まえ再発防止に努める」と述べた。

 現場の交番はJR富山駅の北東約900メートルにある住宅街の一角。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ