PR

産経WEST 産経WEST

【ロシアW杯】悲喜こもごもサポーター セネガル側は「ごみ拾い」で元祖日本に敬意

Messenger

 【エカテリンブルク=田中俊之】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で25日(現地時間24日)、格上のセネガルと引き分け、勝ち点1を獲得した日本代表。2度リードされながら追いつく劇的な展開に、サポーターらは熱狂した。残るポーランド戦で勝つか引き分ければ、他の試合結果にかかわらず、2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる。「次こそ勝利を」。サムライブルーに、誰もが期待を寄せた。

観客席のごみを拾うセネガルサポーター=エカテリンブルク(田中俊之撮影)
観客席のごみを拾うセネガルサポーター=エカテリンブルク(田中俊之撮影)

 現地で応援した日本サポーターにとっては、勝ち点を獲得できたことに対する喜びと勝ちきれなかった悔しさが交錯する試合となった。一方、セネガルサポーターは今大会、日本のサポーターが過去のW杯で行ってきた観客席の清掃活動を行っており話題になっている。この日も試合後にごみ拾いをする姿が見られた。

 「めちゃくちゃいいゲームだった。勝ちはしなかったが、格上相手に善戦したと思う」と満足げなのは、横浜市の大学2年、田村太一さん(19)。「特に本田圭佑選手は、これまで批判もあったが得点という結果を出してさすがだと思った」と語った。

 ただ、ゴールに迫った場面も多かっただけに、名古屋市の自営業、市橋佑介さん(38)は「勝てそうだった。(悔しくて)泣きそうです」。千葉県松戸市の会社員、植田龍介さん(41)も「セネガルのDFはそれほど堅くなかった。勝ちきりたかった」と残念がった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ