PR

産経WEST 産経WEST

名神高速で玉突き1人死亡、3人軽傷 愛知・一宮

Messenger

 24日午後4時35分ごろ、愛知県一宮市萩原町の名神高速道路上り線で、トラックや乗用車計4台が絡む玉突き事故があった。県警高速隊によると、トラックの滋賀県豊郷町の会社員、荒川泰治さん(42)が約6時間後に死亡した。死因は失血死。

 乗用車1台に同乗していた愛知県尾張旭市と瀬戸市の13~70歳の男女3人も軽傷を負った。3人は家族という。

 荒川さんのトラックが渋滞で停止していた前方のトラックに追突し、弾みで前の乗用車2台も次々ぶつかった。現場は片側2車線の追い越し車線で、ほぼ直線。高速隊が追突した原因を調べている。

 中日本高速道路によると、事故の影響で上り線の岐阜羽島インターチェンジ-一宮ジャンクション間が一時通行止めとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ