産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】交流戦苦しんだ金本阪神の浮沈のカギは、唯一好調の糸井をどう生かすかだ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】
交流戦苦しんだ金本阪神の浮沈のカギは、唯一好調の糸井をどう生かすかだ

阪神の糸井嘉男選手 阪神の糸井嘉男選手

 糸井一塁もあり!? 糸井を今後どう生かすのかが、金本阪神の重大テーマです。阪神は交流戦を6勝11敗1分で12球団中11位、セ・リーグ最下位で終えました。リーグでは29勝32敗1分の4位で球宴までの18試合に挑むのですが、目を覆う打撃陣の不振の中で唯一、気を吐いているのが糸井嘉男外野手(36)です。交流戦18試合で打率・344、本塁打2本、打点13は孤軍奮闘です。糸井依存度が増す中で金本知憲監督(50)に求められるのは唯一無二に最強カードをどう生かすのか。他球団の“糸井包囲網”を打ち破らなければ、苦しい夏の到来です。

 終わってみれば惨敗の交流戦でした。金本阪神は6勝11敗1分の借金5、12球団中11位でセ・リーグでは最下位に沈みました。セパで見るならば、パが59勝48敗1分と今年もセを圧倒。再開される通常のリーグ戦に目を移すとパはリーグ5位までが勝率5割以上。逆にセ・リーグは首位・広島だけに貯金があり、2位以下が借金状態です。

 おかげで? 負けまくった阪神はそれでも首位・広島とのゲーム差が4・5。これは交流戦開始前の4ゲーム差からあまり離れていません。広島も交流戦は投手陣が崩壊(チーム防御率5・60)し、7勝11敗と負け越したためで、交流戦でチーム状態が上向いたのは最高勝率(・667)に輝いたヤクルトだけです。なので、負けが込んだ阪神は、それでも広島を逆転してリーグ優勝できるチャンスは残った、とも言えるでしょう。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング