産経WEST

【高校野球】大阪桐蔭の初戦は関西創価と四條畷の勝者 南北大阪大会7月7日開幕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【高校野球】
大阪桐蔭の初戦は関西創価と四條畷の勝者 南北大阪大会7月7日開幕

真剣な表情で抽選に臨む球児=大阪市北区 真剣な表情で抽選に臨む球児=大阪市北区

 夏の甲子園大会出場をかけた第100回全国高校野球選手権記念南・北大阪大会の組み合わせ抽選会が22日、大阪市北区の大阪市中央公会堂で行われた。春夏連覇を目指す大阪桐蔭は、初戦で関西創価と四條畷の勝者との対戦が決まるなど、3回戦までの組み合わせが決まった。

 今大会は府内は南北に分けて、南大阪大会は87チーム、北大阪大会は88チームが参加(いずれも連合チーム含む)。組み合わせ抽選では、各チームの主将らがくじを引いていった。北大阪大会では「公立の雄」桜宮と市岡が初戦で対戦。南大阪大会では、東大阪大柏原と金光八尾が1回戦で顔を合わせることが決まった。

 開会式は7月7日午前11時から大阪市西区の京セラドームで行われ、午後0時半から北大阪大会の大産大付-高槻北から約3週間におよぶ熱戦の幕が開ける。順調に進めば、南大阪大会は28日、北大阪大会は29日に、いずれも大阪市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアムで決勝が行われる。

 両大会の4回戦、準々決勝の組み合わせ抽選は7月21日、準決勝以降の組み合わせ抽選は同24日に行われる予定。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング