PR

産経WEST 産経WEST

大谷暢順・本願寺法主がフランス語の著書を出版 迷える若者へ、「知れるところを問ふ」

Messenger
日仏で新刊書を発刊した大谷暢順氏(本願寺文化興隆財団理事長)=京都市山科区(寺口純平撮影)
日仏で新刊書を発刊した大谷暢順氏(本願寺文化興隆財団理事長)=京都市山科区(寺口純平撮影)

 本願寺法主で蓮如研究の第一人者としても知られる大谷暢順師が、2018年5月3日、フランス語の著書『Le bouddhisme face au monde contemporain(現代社会の諸問題に佛教はどう応えるか?)』を、パリ市の出版社「Les Indes Savantes」(レ・ザンド・サヴォント)から刊行した。昨年、日本で発刊した『私たちは今の世をどう生きるか』(中央公論新社)のフランス語版。本願寺を強大な宗門に発展させた中興の祖・蓮如の教えから、哲学やフランス語に精通する大谷師が導き出した現代への提言は、日本やフランスのみならず世界の若者への指南書というべき示唆にあふれている。「自己自身を問うことから新しい生き方を発見する」という大谷師に話を聞いた。(聞き手 産経新聞論説委員 山上直子)

 --蓮如上人といえば浄土真宗の中興の祖であり、中世の思想家としても有名です。フランス語版出版のきっかけは

 大谷 もともと、仏教や蓮如上人について書こうと思ったわけではないのです。あえて言えば、日本やフランスの青年たちに今の時代について考えてほしいと思って書いた本です。

 --青年ですか

 大谷 今、若者が迷っている。現代社会を生きるにはとまどうことが多いのではないかと思います。若者に限らないかもしれません。友人のINALCO(イナルコ、フランス国立東洋言語文化学院)の元教授が訳してくれることになりました。

 --書くときにはフランス語でも考えるそうですね

 大谷 例えば主語や複数形など、日本語ではあいまいなときがあって、理論的に考えると、フランス語の方が適していることがあります。また、日本では宗教や政治の話は普段あまりしないものですが、フランス人は議論もよくして、腹を割って話せるところがある。フランス人の方がより理解してくれるかもしれないと思いました。もちろん、私は浄土真宗の僧侶ですから、真宗の教えが世界の混乱を救うに違いないという信念があります。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ