PR

産経WEST 産経WEST

「紀州のドン・ファン」飼い犬からは覚醒剤検出されず

亡くなった野崎幸助さん(77)と愛犬のイブ(提供写真)
Messenger

 和歌山県田辺市の酒類販売会社社長、野崎幸助さん(77)が急性覚醒剤中毒で急死したことに絡み、和歌山県警が死因を調べていた野崎さんの飼い犬の死骸からは覚醒剤成分が検出されなかったことが22日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、犬は雌のミニチュアダックスフントの「イブ」。野崎さんが亡くなる18日前の5月6日に急死しており、県警は野崎さんの死亡との関連を調べるため、6月7日に死骸が埋葬されていた自宅の庭を掘り起こして外部の専門機関に鑑定を依頼していた。

 野崎さんは5月24日午後10時半ごろ、自宅で倒れているのを妻が発見し、間もなく死亡が確認された。遺体から覚醒剤成分が検出されたため、県警が詳しい経緯を捜査していた。野崎さんは女性との交際歴をつづった著書でも知られ、欧州の伝説の放蕩児(ほうとうじ)になぞらえて「紀州のドン・ファン」とも呼ばれていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ