PR

産経WEST 産経WEST

【ロシアW杯】日本の勝利に裏方の力 吉田、本田のスパイクを調整する松浦紀典さん

Messenger

 ロシアW杯で1次リーグ突破を目指す日本代表の足元を、J2京都で用具係「ホペイロ」を担う松浦紀典(のりよし)さんが支えている。DF吉田麻也とMF本田圭佑がJ1名古屋にプロ入りした時からの旧知の仲で、本人の希望通りにスパイクを調整。信頼も厚く、勝利のために「目に見えない部分にもこだわっている」と話す。(吉原知也)

ホペイロの松浦紀典さん
ホペイロの松浦紀典さん

吉田サイズの靴紐

 守備陣を統率する吉田は松浦さんの助言もあり、靴紐の長さにこだわっている。プレー中に靴紐がほどけてしまい、結び直すことに手間取れば、失点のリスクが格段に高まる。そこで、靴紐の長さを“吉田サイズ”に設定し、太さも数ミリ分細くして、ほどけにくいような仕組みにした。

 さらに、松浦さんによると、吉田の体質は「普通の人と比べて発汗性がかなり高い。大げさに言うと、夏場は雨が降ったときの靴の中みたいにぬれてしまう」という。

 名古屋時代から中敷きには、吸水性に優れた素材を採用。足とスパイクの密着性が高くなり、プレーしている時にスピードを落とさず、安定して走れるように工夫した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ