PR

産経WEST 産経WEST

【自殺偽装殺人】携帯に練炭自殺の検索履歴…パソコンで遺書捏造の疑いも

送検される足立朱美容疑者=21日午後0時15分、大阪市中央区(須谷友郁撮影)
Messenger

 堺市中区の事務所兼住宅で3月、練炭自殺を装い実弟を殺害したとされる事件で、殺人容疑で逮捕された姉の建設会社役員、足立朱美容疑者(44)が、インターネット上で練炭自殺の方法について検索していたとみられることが21日、捜査関係者への取材で分かった。足立容疑者の所持品の携帯電話に検索履歴が残っていた。弟が書いたとされる遺書について、足立容疑者のパソコンで作成された形跡があることも判明。大阪府警捜査1課は、足立容疑者による自殺工作の一つとみている。

 捜査1課は21日午後、足立容疑者を送検。弟との間に会社経営や金銭をめぐるトラブルがなかったか背景事情の解明を急ぐ。

 死亡したのは弟の聖光(まさみつ)さん(40)=同市南区。3月27日に実家である堺市中区の事務所兼住宅の2階トイレ内で倒れ、遺体からは足立容疑者が処方された睡眠薬と同じ成分が検出された。死因は練炭による一酸化中毒だった。

 捜査関係者によると、府警は5月、聖光さんの車に対する器物損壊事件などの捜査過程で、足立容疑者のパソコンを押収。データを解析したところ、聖光さんが残したとされる遺書が、このパソコンで作成されていた形跡が見つかった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ