産経WEST

【陸上の現場】最速は誰だ 桐生、山県、ケンブリッジ、多田が競う日本選手権男子100㍍ アジア大会に照準

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【陸上の現場】
最速は誰だ 桐生、山県、ケンブリッジ、多田が競う日本選手権男子100㍍ アジア大会に照準

 陸上の日本選手権は22日、山口市の維新百年記念公園陸上競技場で開幕する。注目は昨秋、桐生祥(よし)秀(ひで)(日本生命)が日本人で初めて10秒の壁を突破し、群雄割拠の男子100メートル。今季は低調な記録が続いているが、今夏にインドネシアで行われるアジア大会の切符が懸かっており、見逃せないレースになりそうだ。(坂井朝彦)

今季はまだ10秒0台もマークできず

 昨年9月に9秒98の日本新記録をマークした桐生。だが、今年はまだ10秒0台もマークできていない。5月5日のダイヤモンドリーグ上海はハイレベルな争いだったが、10秒26の最下位。今季ベストは同リーグのストックホルム(6月10日)の10秒15で、追い風2・0メートルの好条件下だった。

 昨年は春先から10秒0台を出した。例年、調整は早い方だが「そうしたら、夏にバテる。夏に向けてどんどん上げていこうというのがテーマ」。焦りなく、日本選手権とアジア大会に照準を合わせる。技術的にはスムーズな中盤加速に取り組んでおり、一定の手応えを得ている。

 男子100メートルの2レース目で10秒15をマークした桐生祥秀(左)と優勝したハッサン・タフティアン=ストックホルム(共同)  男子100メートルの2レース目で10秒15をマークした桐生祥秀(左)と優勝したハッサン・タフティアン=ストックホルム(共同)

続きを読む

このニュースの写真

  • 最速は誰だ 桐生、山県、ケンブリッジ、多田が競う日本選手権男子100㍍ アジア大会に照準
  • 最速は誰だ 桐生、山県、ケンブリッジ、多田が競う日本選手権男子100㍍ アジア大会に照準
  • 最速は誰だ 桐生、山県、ケンブリッジ、多田が競う日本選手権男子100㍍ アジア大会に照準
  • 最速は誰だ 桐生、山県、ケンブリッジ、多田が競う日本選手権男子100㍍ アジア大会に照準
  • 最速は誰だ 桐生、山県、ケンブリッジ、多田が競う日本選手権男子100㍍ アジア大会に照準

関連ニュース

「産経WEST」のランキング