PR

産経WEST 産経WEST

兵庫・香美町が「三姉妹船長の遊覧船かすみ丸」再開を断念 新事業者見つからず…

事業再開のため係留されていた遊覧船=兵庫県香美町香住区
Messenger

 兵庫県香美町香住区の「遊覧船かすみ丸」の運航再開をめぐり、浜上勇人町長は19日、町議会の一般質問で「新たな遊覧船事業者が見つからず、町として遊覧船の再開は断念した」と述べた。遊覧船関係者は「事業者を独自で探している」としているが、遊覧船再開はより厳しくなった。

 「遊覧船かすみ丸」は、旧香住町でイカ釣り漁をしていた山口武雄さんが戦後、遊覧船事業を始めて就航。長女ら姉妹が船舶免許を取得し、昭和40年代からは「三姉妹船長の遊覧船」として全国的に知られた。

 しかし、近年は団体バスツアーの減少などに伴い経営が厳しくなり、平成28年11月、観光関係者らに惜しまれながら、67年の歴史に幕を閉じた。

 同町は新たな事業者を見つけることで、遊覧船事業の継続を模索。遊覧船も発着場に係留したまま、かすみ丸の関係者が定期的にエンジンを動かし、事業再開に備えていた。

 しかし、町は今年4月、「新たな事業者は見つからなかった」とし、再開断念を山口都子代表に伝えた。

 山口代表は産経新聞の取材に対し、「町が断念しても独自で新たな事業者を探したい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ